【旧】本屋・散策舎

日々を確かに歩もうとする、散策者たちへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第72回・エコモノ市」に出店しました。

毎月恒例のエコモノ市。

4月の出店では初夏に向けて、おもわず散策したくなる本を取り揃え、
皆様をお待ちしております。

本とともに、おでかけしませんか?


日時: 2016年 4月17日(日) 10:00~16:00
場所: ネッツトヨタ横浜・マイネッツ逗子店


エコモノ市について詳しくはこちら

「百書店の本屋祭」企画に参加しました。

本のフェス

■日時:3月23日(水)13:00ー20:00
■場所:京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス(東京都港区北青山1-7-15)
■主催:本のフェス実行委員会/読売新聞社
■協力:京都造形芸術大学 ・東北芸術工科大学 外苑キャンパス

topsh.jpg


散策舎では、本のフェスの出展者企画「百書店の本屋祭」に参加します。

元「小屋BOOKS」、「H.A.Bookstore」の松井さんと、赤坂の「双子のライオン堂」さんの企画で、『全国の書店が「もし自分の店で10冊だけ本を売るなら」をテーマに選書した本が並ぶ、本屋の総合展。』となっています。
参加するのは大型書店からエア本屋まで、本当に様々な本屋が勢揃い。それぞれの本屋が本気で選んだ10冊が一堂に会します。

散策舎では、BALADEURから引き継ぐエッセンスを基に、いまだからこそ読みたい、日々を確かに歩むための本たちを選書しました。ぜひ貴方も本のフェスに参加して、様々な本の世界を散策しにきてください。

2016年3月23日、東京・青山で、たくさんの本と本屋とともに、お待ちしています。

「第70回・エコモノ市」に出店しました。

今年初の出店となるのは、ネッツトヨタの逗子店で開催される「エコモノ市」です。

今回はテーマを「冬の味」として、食や暮らしに関する本を取り揃えます。
様々な本との出会いをお楽しみください!


日時: 2016年 2月21日(日) 10:00~16:00
場所: ネッツトヨタ横浜・マイネッツ逗子店


エコモノ市について詳しくはこちら

「第68回・エコモノ市」に出店しました。

12月20日に開催される、「第68回・エコモノ市」に、テーマ「クリスマス」で出店します。
絵本を中心に、大切な人への贈り物にピッタリな本をお届けします。



日時: 2015年 12月20日(日) 10:00~16:00
場所: ネッツトヨタ横浜・マイネッツ逗子店


エコモノ市について詳しくはこちら



早くも今年が過ぎようとしていますね。2016年も、素敵な本との出会いが生まれる一年となることを願っています。

「石堂書店×これからの本屋講座」イベントに出店しました。

横浜・港北区のまち歩きイベントに合わせて、妙蓮寺の石堂書店にてイベントを開催しました!

石堂書店さんの別館にて「これからの本屋講座」メンバーでもある3名が出店。
・「さんがつうさぎ」さんによる、テーブルツリーの販売
・「Omnivo Records」さんによる、中古CDとレコードの販売
そして「本と散策」をテーマとした新刊&古本の販売を、BALADEURが担当しました。



当日はまち歩きイベントの参加者の方々と地元の方々を中心に、多くのお客様にご来店いただきました。

別館外ではまち歩きイベント参加者を対象とした古本の引き換えが行われており、多くの方が足を止めて見ていました。
別館入口にはOmnivo Recordsさんのポータブルレコードプレイヤーが鎮座しており、本のある空間にピッタリな曲を選んでくださったこともあって、お店全体が楽しげな雰囲気となっていました。

別館内右側の棚一面は、BALADEURがディレクションしました。「散策」をテーマとした本を面陳したほか、レコードのジャケットや、さんがつうさぎさんのテーブルツリーやお花も合わせて、棚を贅沢に使用したディスプレイとなったこともあってか、多くの方に商品を手に取ってもらえたと思います。

また石堂書店さんの本館では、
・季刊誌『横濱』(神奈川新聞社)のバックナンバーフェア
・東急電鉄関連の本等アウトレットセール
・カレンダー2割引
などのお得なフェアも開催されており、さらに本館の二階では「ルームシューズ」の製作ワークショップも行われるなど、盛りだくさんの1日となりました。



初のイベントとしてはかなりの盛り上がりで、とても良い機会となりました。
今後も石堂書店さんの別館を使用させていただき、定期的にイベントを開催していく予定ですので、お楽しみに!

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。